クレジットカードの支払方法は複数あります

私たちがクレジットカードを使えば、当然ですが毎月の支払日にクレジットカードの利用代金を支払う必要があり、この支払い方法には利用代金を毎月一括して支払う元金一括払いの他に元金を数回に分けて支払う分割払い、さらには毎月一定額を支払っていくリボルビング払いなど、いくつかの支払い方法があります。

リボルビング払いの仕組み

そして、スーパーでの食料品やちょっとした買い物など少額の利用であれば元金一括払いで支払う可能性が高いと思いますが、高額な家電や寝具などの場合には数回に分けて支払う分割払いやリボルビング払いにて支払う事もあるかと思います。

 

それで、これら分割払いやリボルビング払いを利用すると元金を分割して支払っていく事になりますので、毎月の元金残高に対して利息が付くことになりますが、実は分割払いの利息とリボルビング払いの利息とでは、同じ利息でもちょっと違ってくるのです。

分割払いとリボルビング払いはともに毎月一定の金額を返済していく事になるため、その利息も同じなのでは?と考えている人がいるかも知れませんが、実際には同じ毎月払いとは言ってもその中身は少し異なっておりのです。

そこで、今回の記事ではクレジットカードのリボ払いについて解説します。このリボルビング払いの詳細を知る事によって、今後のリボルビング払いに対しての見方も変わってくると思いますよ。

クレジットカードのリボルビング払いとは?

クレジットカードのリボルビング払い(とは言っても、リボルビング払いはクレジットカード以外の支払い方法にもあります)とは、毎月一定の支払額を元金+利息の形で支払っていく方法になります。

仮に商品価格100,000円の商品を買ったとします。そして、この商品代金を毎月10,000円のリボルビング払いで支払う事とします。すると、この場合の支払い内訳ですが、元金9,000円で利息が1,000円となり、残金は100,000円-9,000円=91,000円となります。(内訳は年率を考慮していないため適当です)

つまり、10,000円を支払ったにも関わらず、元金は9,000円しか減っていない事になるのです。もっとも、毎月の支払い額の中に利息が含まれており、支払額がそのまま元金から引かれる訳では無いため、これは当たり前と言えます。

 

ちなみに、一言でリボルビング払いと言っても、その種類にはいくつかありますが、話すと長くなるのでここでは一番分かりやすい例として解説しています。

リボルビング払いはある意味錯覚を起こす可能性があります

先程の例で解説しますが、すでに今月は10,000円を支払っており今月10,000円の商品を買っても来月の支払いで10,000円を支払うため、結果として債務残高は減らないけれど増える事も無いと思う方がいるかもしれません。つまり、債務残高100,000円-リボ払い10,000円+新規購入10,000円=債務残高100,000円と考えてしまうのです。

ただ、リボルビング払いの中には利息も含まれている事を忘れてはいけません。利息が含まれているため、仮に毎月の支払金額が10,000円でも元金の支払いは10,000円以下になってしまうのです。

しかし、リボルビング払い=毎月一定額の支払いになるため、支払額がそのまま元金から引かれるという錯覚を起こす方がいるのも事実なので注意が必要です。

リボルビング払いでは債務が増えていく可能性がある?

またまた先程の例で解説しますが、元金の残高が100,000円で今月10,000円を支払い新規で10,000円の商品を買った場合、元金残高100,000円-元金9,000円+新規購入10,000円=101,000円というように、利息分の1,000円が増えてしまう事になるのです。

そして、ここからが重要になりますが、今後毎月10,000円の新規購入をした場合、元金残高に毎月利息分がそのまま増える=元金残高が増え続けてしまう事になる可能性があるのです。

 

さらに言えば、毎月元金の支払い額以上にリボルビング払いを使うと元金残高が雪ダルマ式に増えて行く事になるため、結果としてリボルビング払いの限度額一杯になっていたという事態になる可能性もあるのです。

元金残高が利用限度額一杯になってしまうと、その後の支払いが不能になる=延滞記録が信用情報に登録される=今後クレジットカード審査に通らない可能性が出てくるため注意が必要になります。

ですので、リボルビング払いを使う場合には、支払額に利息が含まれている事を頭の中に入れながら、計画的にリボルビング払いを使うようにして下さい。

 

響子さん響子さん

リボルビング払いは一歩間違えば元金が減るどころか増える可能性がありますので計画的な利用が必要になってきます。