高卒でもクレジットカード審査に通る事は可能です

現在の日本はクレジットカード社会となっており、色々なシーンでカードを使う事が可能となっています。そして、カードを使う事によってさまざまな特典を得る事が可能なので、クレジットカードが1枚あればかなり快適なカードライフを送る事が可能です。

高卒のクレジットカード審査

そんな中、高卒後に就職して社会人となった場合、やはり快適なカードライフを送るためにクレジットカード審査に申込を行おうと考えている人がいるかと思います。これは、満18歳以上であっても高校生ではカード審査へ申し込む事が出来なかった事を考えればごく当たり前と言えます。

さらに、現在の社会では通常の買い物や各種サービス料金の支払いはもちろん、現在ではコンビニでの支払いや各種公共料金の支払いからETCや自動車税の支払いまで、その利用場所は多種多様になっているクレジットカードなので、高卒後にカードを持つ事が出来れば新社会人として快適に過ごすことが可能となる事でしょう。

 

そんな中、高校を卒業したばかりの人=高卒でクレジットカード審査への申込を行う場合、やはりネックとなるのが勤続年数と年収になると思われます。それは、高卒の場合には勤続年数が短く年収も低い事が予想されるからです。

しかし、いくら勤続年数が短く年収も低い高卒の人でも審査に通った事例も数多くありますので、今回の記事では高卒の人がクレジットカード審査に通るために申込書へ記入する際の注意点について解説しますね。

勤続年数は申込時点でのもので問題ありません

一般的に高卒の人が勤続年数1年でクレジットカード審査への申込を行う場合には、勤続年数の記入箇所には1年と記入しますよね?ただ、勤続年数が1年未満の場合には一般的なクレジットカードの審査基準を満たしていませんので、審査では不利になると思っている方がいるかも知れません。

 

一般的なカード審査の基準を見てみる

クレジットカードの審査基準を解説します
審査基準を知る事が審査通過への近道です昔からそうですが、クレジットカードを作る上で重要な審査について、その詳細な内容は決して表に出る事はありません。もっとも、審査内容の詳細が表に出てくるようであれ...

 

ただ、この1年というのはあくまで一般の人がクレジットカード審査への申込を行った場合の事であって、高卒の方は少し事情が異なっているのです。

というのも、これは過去に実際にあった事例ですが、高卒後半年程度で審査に通った際に当時給与振込を利用していた銀行の人から伺った話の中で、一般の社会人と比べ高卒の人は勤続年数が短くて当たり前だから勤続年数もそのまま記入しても問題ないと言われたためです。

 

それに、高卒後または大卒後数年している一般の社会人と比べ高卒の人はまだまだ右も左も分からない、言わば社会人としてはまだ未熟なので、一般の人と同等に考える事すら無理があるように思えます。

しかし、いくら社会人としては未熟だとしても、会社に勤務して毎日仕事をしている訳なので、日々精進して行けば社会人としての経験値を積む事が可能になる事でしょう。

 

っと、少し話が逸れてしまいましたが、審査へ申し込みにおいて年齢が18歳または19歳の場合には年齢を見ただけで高卒だと分かりますから、勤続年数で変な小細工はせずにそのまま記入した方が良いかと思いますが、勤続年数は最低でも半年以上あった方が良いでしょう。

 

響子さん響子さん

高卒の場合には勤続年数1年未満でもクレジットカード審査に通る可能性はありますが、最低でも半年以上勤務してから申し込んだ方がより審査に通る可能性が高くなります。

年収は申込時点でのものではなく見込み年収

高卒の人が初めてクレジットカード審査へ申し込む場合、申込書の記入方法に少し戸惑うかも知れませんね。というのも、高卒の人は金融商品審査への申込には慣れておらず初めて聞く言葉も多いと思われるため、記入欄にどのような内容を書けば良いのか?が分からない箇所があるかも知れないからです。

例えば、申込書の年収欄ですが、高卒の人が審査申込の時点で勤続年数半年の場合、その年収も半年時点でのものを記入しなければならないと思っている方がいるかも知れません。確かに、高卒後半年程度の場合には給料も半年分しかもらっていませんので、そう思う事も無理はないかと思います。

ただ、申込書で申告する年収はあくまで1年間での収入になりますので、高卒後半年程度の勤続年数だったとしても年収は見込み年収=1年間で貰えるであろう年収を記入しても問題はありません。

 

審査における年収の書き方は下記の記事が参考になります

カード審査での年収の書き方はこうして下さい
審査では勤務先や勤続年数、年収が重要になりますクレジットカード作成で重要になってくるクレジットカード審査ですが、これに通るためには現在の勤務先や勤続年数、さらには年収など、現在はもちろん今後も継続...

 

ちなみに、見込み年収なので高卒後から現在まで貰った給料をもとにして1年間ではいくら貰えるのか?を計算した上で、その見込み年収金額をクレジットカード審査の申込書に記入すれば良いのです。

例えば、現在の給料が毎月20万円だった場合、申込書の年収欄には20万円×12ヶ月=240万円と記入すれば良いのです。もちろん、ボーナスを貰える予定があればボーナスの支給見込み額もプラスして記入して下さい。

これは、高卒後半年程度でクレジットカード審査への申込を行った際に、当時の銀行の方から年収は見込み年収で問題ありませんと言われましたので間違いありません。ですので、高卒後半年程度で審査への申込を行う場合には、現時点までの給与の合計金額ではなく見込み年収を記入して下さい。

 

響子さん響子さん

クレジットカード審査において高卒などで勤続年数が短い場合には見込み年収で問題ありません。