普通は姓名の変更は考えませんよね?

この姓名ですが、姓は親の苗字がそのまま付きますし、名前は産まれた時に親が付けてくれる=基本的に産まれた時から変わる事はありません。ですので、通常であれば姓名の変更はあまりというかほとんど考えた事が無いと思います。

姓名が変更可能な条件

もっとも、姓の違う人と結婚すれば姓のみが変更になる可能性もありますが、名前が変わるという事はあまりないと考えられますから。それに名前は親が一生懸命に思いを込めて付けてくれているはずなので、それを変更するとなると余程の事がないと出来ませんよね。

 

ただ、ごく一部の人がとある事情によって名前を変えたいと考えているかも知れません。金融関係に限って言えば過去に重大な延滞や債務整理などの金融事故を起こして信用情報に金融事故情報が登録されている人が、何とかして審査に通りたいためにそう考える可能性はゼロではありません。

そして、一旦信用情報に金融事故情報が登録されてしまうと5年程度は各種金融商品の利用が出来なくなるため、現在のままの姓名では審査に通らない可能性が高くなりますので、そう考える人がいても不思議では無いですね。

さらに言えば、金融事故を起こしてしまった金融会社ではその情報を半永久的に自社データベースに登録している可能性が高いため、その金融会社が提供している各種金融商品の利用が半永久的に出来ない可能性もあるのです。そこで、この姓名の変更ですが、実はとある条件を満たせば可能になる場合がありますので今回の記事で解説します。

姓の変更が可能な条件はこちら

この姓(苗字)の変更の条件ですが、現在すでに両親が離婚しており結婚前の苗字が父母別姓だった場合になり、比較的簡単に姓の変更が可能となっています。もっとも、基本的に子供は両親どちらかの姓を名乗る必要がありますので、すでに両親が別姓になっていればどちらかの姓を名乗るだけで良いのですから。

そこで、この方法ですが両親が離婚した場合に子供は父方または母方の姓を名乗る事になりますが、これを現在父方の姓の方は母方の姓に、現在母方の姓の方は父方の姓に変更するだけで姓の変更が可能になります。

 

ただ、この方法で姓の変更を行う場合、当然ながら父親または母親の許可が必要になるため、父親または母親によっては少しハードルが高くなる可能性もあります。それは、離婚した両親の仲があまり良好ではない=仲が悪いとお互い子供には自分の姓を名乗らせたいがためにスムーズにいかない可能性があります。

しかし、結局は自分の子供が何らかの理由で姓を変更したいと考えているのであれば、協力してくれるのではないかと思われます。

 

響子さん響子さん

このケースでの姓の変更には親の同意が必要になります。

名の変更が可能な条件はこちら

今度は名(名前)の変更ですが、これは先程の姓の変更とは違ってかなりハードルが高くなりますが、不可能という訳ではありません。ただ、全ての人が名の変更が出来るかと言えばクリアすべき条件がかなりあるため、簡単に名の変更を行う事は出来ないのです。

名の変更が可能な条件

もっとも、簡単に名前の変更が出来るのであれば、自分の名前に不満を持っている人はすぐに変更してしまいそうですから、そのハードルは高い方が良いと思います。せっかく親が思いを込めて付けてくれた名前を嫌だからという理由で簡単に変更出来たらその意味が薄くなってしまいますから。

 

そこで、この名を変更するための条件ですが、名を変更するにあたって正当な事由があり、その事由を家庭裁判所に認めてもらう必要があります。家庭裁判所と聞いて、あなたはこの名前の変更は何だかただならぬ事なのでは?と思ったかも知れませんが、この名前の変更はかなり面倒というか条件が厳しいのです。

それで、名の変更においてここが一番肝心なのですが、この正当な事由とは名の変更を行わないと日常生活に支障をきたす恐れが出てしまう場合の事を言います。日常生活において名前が支障をきたす?そんな事があるのだろうか?と思うかも知れませんが、実際にそのような事はあるんですよね。

例えば、名前の変更に関して以下のような事由があれば名の変更が認められる可能性があるのです。

 

■書きづらく、また読みにくい名前
■男性なのに女性、または女性なのに男性と間違われてしまう名前
■神官や出家して僧侶になった場合
■結婚などでその家族と同姓同名になってしまった場合
■日常生活において精神的な苦痛を伴う場合

 

確かにこれらの事由を見てみると、どの事由を取っても日常生活において何らかの不自由というか支障をきたす可能性がありますので、それに耐えられなくなった場合には名前の変更をした方が良いかと思います。名前の変更によって快適な日常生活を送る事が可能になるのであれば尚更そうするべきです。

ただ、これらの事由があれば必ず名の変更が認められると言う訳ではありませんので注意が必要ですが、その可能性はゼロではありませんので、現在名前が原因で日常生活に支障をきたしている人は検討の余地があるのではないでしょうか?

 

響子さん響子さん

姓の変更に比べて名の変更はかなりハードルが高くなっています。