審査への申込者には既婚者がいれば独身の方もいます

クレジットカード審査では、申込者の年齢や性別、さらには勤務先や居住先などの属性情報と信用情報が調査される事は、再三当サイト内で説明してきていますので分かっていると思いますが、この属性情報の中には現在既婚=配偶者がいるのか?いないのか?という項目があります。

審査における既婚と独身の違い

これは、あなたは現在結婚していますか=既婚者、または結婚していませんか=独身を調査するための項目になっているのですが、この項目が設けられているという事はすなわち審査では既婚者か独身かで審査結果に多少なりとも影響が出る可能性があるのです。

 

もっとも、既婚者、独身それぞれに長所や短所がありますので、この既婚者と独身の両者が審査に多少なりとも影響を及ぼすことは理解出来ます。特に、既婚者には家族がいるため独身者と比べると家族の人数だけ日々の生活費が掛かってきます。

逆に独身者は1人身なので、既婚者と比べ光熱費も含めた日々の生活費をかなり抑える事が可能など、それぞれに特徴があって当然と言えます。それではこの両者、審査ではどのような影響が出るのか?について今回の記事で解説します。

独身と既婚者の違いはこうなっています

一言で独身や既婚者とは言っても、その違いについて良く分かっていない人もいるかと思います。もっとも、独身者については人は誰でも独身時代を経験しているため分かると思いますが、既婚者については結婚生活を送っている人にしか分かりません。そこで、ここからは独身と既婚者の違い(特徴)について解説していきます。

 

響子さん響子さん

ここでは独身と既婚者それぞれの特徴について解説します。

  それぞれの特徴
独身

独身の場合、その必要経費と言えば食費や光熱費があり、賃貸や貸家物件に住んでいれば家賃、持ち家に住んでいれば住宅ローンなどが経費として掛かってきます。

ただ、家賃や住宅ローンはともかく、食費や光熱費などは独身=1人になるため家族が複数になる既婚者と比べると比較的安く済む可能性が高くなり、自由に使えるお金が既婚者よりも多くなる可能性があります。

また、独身=1人なのでお金に余裕があれば気軽に転居(引越し)を行う事が可能になります。

既婚者

既婚者の場合、少なくても配偶者がいる=家族が複数いる事になるため、家賃や住宅ローンは独身とあまり変わらないかも知れませんが、単純に生活費(光熱費や食費など)が独身よりも増える可能性が高くなります。

さらに言えば、配偶者の他に子供がいれば子供の分の生活費も掛かってきますので、その生活費はさらに増えてしまいます。また、既婚者は家族が複数いるため、独身と比べると気軽に転居する事が難しいと言えます。

 

響子さん響子さん

上記の比較の通り、独身の場合は既婚者と比べ自由に使えるお金が多い事が分かりますね。

審査における独身と既婚者の違いとは?

先程少し触れましたが、独身と既婚者の特徴を見ていただければ独身の方が生活費が少なくて済む=自由にお金を使える可能性があるため、クレジットカード審査では既婚者よりも有利になりそうな感じですよね?

確かに、自由に使えるお金がたくさんあればクレジットカードの利用代金の支払いも延滞なく行える可能性がありますので審査では有利になりそうですが、クレジットカード審査では既婚者の方が有利になる傾向が高くなっています。

というのも、クレジットカード審査では顧客に万が一の事(支払いの延滞が発生)があった場合、すぐに顧客と連絡がつくようにしておく必要があります。それは、この延滞を長期化(不良債権)せずに早期に回収する必要があるからです。

カード審査では転居の可能性も重要な要素になります

この点において、既婚者の場合には家族が複数いるため簡単に転居する事が難しくなりますので、顧客の所在をすぐに把握する事が可能です。カード会社では顧客に万が一の事態が起こった場合に備えて、いつでも顧客の所在を把握しておく必要があるのです。

これに対して独身の場合には、自分1人なので気軽に転居する事が可能です。つまり、顧客が独身の場合、気軽に転居する事が可能=クレジットカードの利用代金を延滞したまま転居されてしまうとその回収が困難になる可能性が高くなってしまうのです。

クレジットカード会社では、慈善事業でカード発行を行っている訳ではありませんので、顧客の支払い延滞には常に目を光らせています。ですので、クレジットカード審査では万が一の時に確実に連絡が可能な既婚者の方が優遇されています。

 

響子さん響子さん

クレジットカード審査では、万が一の時に顧客と確実に連絡が取れてその後の支払いもスムーズに行ってもらうために独身よりも既婚者の方が優遇されています。

最終的に審査結果はトータルで決まります

これを書いてしまうと終わりのような気もしますがあえて書きます。クレジットカード審査では、申込者の属性はもちろん信用情報の内容も加味して行われるため、例え既婚者でも勤続年数が短い、年収が少ない、信用情報に延滞記録があるなど、他の情報が弱ければ審査に通らない可能性が高くなります。

そしてこれは、審査において優遇される可能性が高い公務員にとっても同じ事で、いくら勤務先(勤務形態)が良くても他の属性や信用状況が悪ければ審査に通らない可能性が高くなります。

つまり、審査に通るためにはどれか1つが良くてもダメであって、トータルで考える必要があるため、常に頭の中に入れておいていただければと思います。