クレジットカード審査において属性調査は基本です

私たちが審査への申込を行う場合には、クレジットカード会社が用意している申込書に必要事項を記入して行う訳ですが、この申込書には氏名や住所、電話番号はもちろん、居住や勤務などの属性も記入する必要があります。

もっとも、この審査では申込者が自社の審査基準を満たしているのか?否か?の判断を行う必要があるため、出来るだけ多くの情報が必要になってくるのです。

嫌われる属性そして、クレジットカード審査においては、申込者が今後の支払いのため継続して安定した収入を得る事が可能なのか?を判断するために、属性の中でも勤務先や勤続年数、年収や居住年数など今後の収入予測を立てるための情報が重要になってきます。

 

つまり、これらの属性情報が良好であれば信用情報の中身次第になりますが審査に通る可能性が高くなりますが、その属性の内容が悪ければ一転審査では嫌われてしまうのです。そして、嫌われる属性によっては審査に通らない可能性もあるので注意が必要です。

審査で嫌われる属性情報はこちら

数ある属性情報の中で、その内容が悪いとクレジットカード審査で嫌われる=審査に通らない可能性が非常に高くなってしまうものがありますので、その内容が悪いと特に嫌われてしまう属性情報について解説します。

 

響子さん響子さん

内容が悪いと嫌われてしまう属性情報は下記の通りです。

嫌われる属性 審査で嫌われる理由
勤務形態

勤務形態が公務員や役員、一般社員であれば問題ありませんが、クレジットカードによってはパートやアルバイト、専業主婦などの勤務形態では不利になる可能性があります。もっとも、カードによってはパートやアルバイト、さらには無職でもクレジットカード審査に通る可能性はあります。(無職の場合にはとある条件が必要になります)

また、一般的なクレジットカードでは申込書に無職と記載してしまうとほぼ間違いなく審査には通りませんので、無職の方は何かしらの収入を得る必要があります。

勤続年数

審査では今後の利用代金の支払い状況を予測するため、申込者の今後の収入状況を把握しておく必要がありますので、勤続年数が1年未満の場合には審査で不利になる可能性が高くなります。

もっとも、ある程度の年齢で勤続年数が短い=転職直後の可能性が高い=今後の転職する可能性があるため注意が必要です。

居住年数

この居住年数も先程の勤続年数と同様に1年未満だと審査で不利になる可能性があります。それは、居住年数が短い=今後引越しをする可能性があり、万が一の時に連絡が取れなくなる可能性もありますので、多少なりとも審査に影響を及ぼす事になってしまうのです。

ただ、新築の場合には居住年数が少なくて当たり前ですし、また自己所有や家族所有であれば逆に審査では有利になる可能性があります。

年収 この年収は、申込者の収入状況を把握する上で重要になるため、あまりにも低い年収の場合には審査で不利になりますので、最低でも200万円以上は必要になります。

 

この一覧表を見ていただければ分かりますが、これら勤務形態や勤続年数、居住年数や年収などはその属性内容が良ければ審査では有利になりますが、その内容が悪ければ一転不利になるため、これらの属性内容が悪い場合にはこちらで解説している審査基準を満たす必要があります。

属性情報ではありませんが他社借入にも注意が必要です

クレジットカード審査で調査されるものは、何も申込者の属性情報だけではありません。そう、個人信用情報機関に登録されている信用情報の中身も調査の対象になっているのです。そして、この信用情報に金融事故情報が登録されているとほぼ間違いなく審査には通りませんが、それ以外にも審査では嫌われてしまう情報があるのです。

そして、この嫌われてしまう情報ですが、他社からの借入状況になり現在の他社借入状況は信用情報を調査する事で確認する事が可能となっています。

 

ちなみに、他社借入とはA社で30万円のカードローンを利用している、B社で50万円のキャッシングを利用している、C社でリボルビング払いを利用しているなどですね。そして、この他社借入件数は無いに超した事はありませんし、多少であればそれほど大きな影響はありません。

しかし、他社借入総額はこちらでその詳細を解説しているは平成22年6月18日から施行された貸金業法の総量規制によって原則年収の1/3以下に制限されているため、例えば年収が300万円のケースでは現在の他社借入が100万円以上あると総量規制の影響でクレジットカード審査に通らない可能性が高くなってしまいます。

ですので、審査への申込段階で他社借入が年収の1/3以上ある人は、まずは他社借入を年収の1/3以下にする必要があります。

 

また、申込者に現在消費者金融から複数の借り入れがあったりすると少なからず審査に影響を及ぼします。というのも、消費者金融からの借入=毎日の生活に困っているイメージがありますので、消費者金融から複数の借り入れがある方は特に注意が必要です。

 

響子さん響子さん

現在他社借入が年収の1/3以上ある人は、まずは他社借入を年収の1/3以下にする必要がありますので注意が必要です。