クレジットカード審査に100%はありません

当サイトを読んでいるあなたはすでに分かっていると思いますが、カード審査では誰でも必ず通る=100%という事はありません。事前にあれこれと対策や準備をして審査に挑んだとしても必ず審査に通るとは言えないのがクレジットカード審査なのです。

審査に落ちた時の行動

つまり、審査に通る人もいれば審査に落ちる人もいます、当然ですけど。もっとも、誰でも必ず審査に通るのであれば審査自体必要ありませんし、インターネット上にも審査激甘、審査緩いなどの検索キーワードも出てこない事でしょう。

ですので、審査に申込を行った結果、カードが発行されない=審査に落ちる可能性もありますが、審査に落ちた場合には決して熱くならずに冷静にならないと、その後事態がどんどん悪くなってしまう可能性があるのです。

審査に落ちたらこうなります

クレジットカード審査に落ちた場合には、その申込情報が個人信用情報機関の信用情報に登録される事になります。とは言っても、審査への申込を行った時点でその事実が信用情報に登録されますが、審査に落ちると信用情報には何も登録されないのです。ちなみに、審査に通るとカード会社が成約情報としてその事実を信用情報に登録する事になります。

 

審査落ちの情報は下記ページで解説しています

クレジットカード審査に通らない理由を知る事は重要です
クレジットカードを持つためには審査がありますクレジットカード審査では、申込者=これから新しくクレジットカードを作ろうとしている人に対してクレジットカード会社の審査担当の人(もしくはコンピューター)...

 

つまり、審査に落ちると信用情報には申込情報のみが登録されたままになり成約情報は登録されないため、クレジットカード会社が審査の際に信用情報を照会した際には、以前どこかの金融会社の審査に落ちている事がすぐに分かってしまうのです。

さらに言えば、信用情報に申込情報が複数登録されている場合には、審査では不利になる可能性が高くなりますので、そういった人は信用情報から申込情報が削除されるまでは審査への申込を控えた方が良いです。

 

響子さん響子さん

信用情報から申込情報が削除されるまでの期間は6ヶ月となっています。

審査に落ちても冷静になれば好転する可能性もあります

個人信用情報機関の信用情報から申込情報が削除されるまでの期間は6ヶ月となっていますので、この期間審査への申込を控えた場合には審査における属性情報が良好になる可能性があります。

例えば、信用情報から申込情報が削除される6ヶ月間を経過すれば居住年数や勤続年数が増える事になりますし、勤続年数が増えれば年収も増える可能性があります。年収が増えれば審査で重要な毎月安定した収入の条件を満たすことになります。

また、その期間他のクレジットカードを使って毎月きちんと支払いを続けていれば、審査では有利になるクレヒスも積み重なる事になります。良好なクレヒスが溜まれば審査に際にあなたの信用力がアップしますので、結果として審査では有利になる可能性が高くなります。

 

さらに、これら居住年数や勤続年数、年収は審査においてのスコアリングでの点数が増える可能性があり、スコアリングの評価が高くなればなるほど審査に通る可能性が高くなるのです。

クレジットカード審査では、カード会社が独自に設定した審査基準を満たす事が出来れば審査に通過=カードが発行される可能性が高くなるため、このスコアリングの点数が高くなることはかなり重要な要素となってきます。

ですので、審査に落ちた際には、焦って別の審査への申込を行うのではなく、一旦冷静になって現状を見つめ直してから再度申込を行った方が良いです。信用情報から申込情報が削除されるまでの半年程度だけ待つ事によって、その後の事態が好転するのであれば待つに越した事はないのですから。

 

響子さん響子さん

クレジットカード審査に落ちてしまうと焦ってすぐに別の審査へ申し込みを行う人がいますが、そこは一旦冷静になってみてはいかがでしょうか。

落ちるとクレームを入れる人がいますが逆効果です

まず間違いなく通ると思って審査への申込を行った結果、審査に落ちてしまうケースもありますが、そんな時に怒ってしまいクレジットカード会社へ何故落ちたのか?というクレームを入れる人がいますが、この行為だけはやめた方が良いです。

クレーム電話

というのも、こういったクレームに対応するのはあくまでカード会社のオペレーターであり、余程の事が無ければその上司に代わる事がないからです。

 

それに、オペレーターには審査の詳細など分かりませんので、いくらクレームを入れても無駄になる可能性が高く電話が終わった後の喪失感しか残っらないため、クレームを入れた事に後悔する可能性もあります。

さらに言えば、あまりにもしつこいクレームの場合には、カード会社の自社データベースに要注意人物として登録される可能性もゼロではない=その後の審査では通らない可能性が高くなりますので止めた方が良いです。

 

響子さん響子さん

審査落ちの理由をカード会社へ問い合わせても教えてもらえませんので止めた方が良いです。