消費者金融とはお金を借りるところです

あなたが消費者金融と聞いて一番思い浮かぶイメージはなんですか?恐らく消費者金融=気軽にお金を借りる事が出来るところというイメージではないでしょうか?消費者金融からお金を借りるという事は、毎月支払いの義務が発生するため延滞することなくきちんと支払う必要があります。

消費者金融での延滞

ただ、消費者金融への支払いを延滞してしまうと、その後のクレジットカードを含めた各種金融商品の審査に少なからず影響を及ぼしてしまいます。

 

っと、少し話が逸れてしまいましたが、この消費者金融は以前はかなりの数がありました。ただ、近年では各種規制によってその数がかなり減少してきています。とは言っても、テレビCMやインターネット広告などを使って宣伝し、さらに最短30分審査、即日融資など以前には無かったサービスを行う会社が増えてきています。

そして、この最短30分審査、即日融資というサービスが、より一層私たちの身近な存在になっている理由の1つとして挙げられます。もっとも、毎日生活していればある日突然お金が必要になる場合があると思いますが、そんな時にすぐに借り入れる事が出来るのがこの消費者金融になります。(キャッシング審査に通る事が最低条件です)

 

しかし、これは当記事冒頭でも触れましたが、金融業界においても消費者金融からの借入=お金に困っているのではないのか?と思われがちです。確かに、消費者金融から借入をするという事は、一時的な借入にしても中期的な借入にしても現在お金に困っている事には変わりありませんので、あまり良いイメージは無いようです。

さらに言えば、消費者金融からの借入の返済を延滞してしまっている場合には、そのイメージはかなり悪くなってしまい、それは今後のクレジットカード審査にも悪影響を及ぼす可能性が極めて高くなってしまうため注意が必要です。

消費者金融からの借入を延滞してしまうと…

今まで毎月延滞なくきちんと支払っていても、ある日突然というか徐々に収入が減る、急な出費がかさむなどして支払日にお金が足りない、または支払日を忘れていたなどで消費者金融への返済を延滞してしまう可能性もゼロではありません。

ただ、どのような理由があろうと延滞には変わりありませんので、この延滞情報が個人信用情報機関の信用情報に登録される事になります。もっとも、軽微な延滞の場合には信用情報に登録しないところもあるようですが、基本的に延滞=信用情報に登録されると覚えておいた方が良いと思います。

そして、信用情報に延滞情報が登録されていると、消費者金融のキャッシング審査はもちろんですがクレジットカード審査にも悪影響を及ぼす可能性がとても高くなってしまうのです。

延滞情報は個人信用情報機関間で交流されています

現在日本の個人信用情報機関には株式会社シーアイシー(CIC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)以上3つの機関があります。

 

個人信用情報機関とはこういうところです

個人信用情報機関の役割を知る事は重要です
個人信用情報機関は知っておくべきですクレジットカード審査に通るためには、カード会社が設定している審査基準を満たす=審査に通る必要がありますが、その際申込者の氏名や住所、電話番号から申込者の現在及び...

 

そして、これら3つの個人信用情報機関の間ではお互いの延滞情報を交流してクレジットカードや各種ローンの健全な利用を促進するためにCRINと呼ばれているシステムによって情報の交流が行われているのです。

ただ、このCRINですが、ここで交流されている情報は主に長期間に渡っている延滞情報になっているんですね。ちなみに、この長期間に渡っている延滞情報とは異動のような2~3ヶ月以上の延滞情報になります。

つまり、ほんの軽微な延滞情報はこのCRINでは交流されていない場合があり、さらに言えば軽微な延滞は信用情報に登録していない金融会社もあるのです。もっとも、信用情報の登録内容は開示請求を行わない限り分かりませんので、気になる方は個人信用情報機関へ信用情報の開示請求を行って下さい。

 

響子さん響子さん

個人信用情報機関間の情報交流CRINと言えどもその交流情報には限りがあるんですよね。

消費者金融が加盟している個人信用情報機関は主にCICとJICCになります

現在、主な消費者金融が加盟している個人信用情報機関はCICとJICCになっており、銀行系金融会社が加盟しているKSCには加盟していません。という事は、消費者金融での延滞情報はKSCに加盟の金融会社には基本的に分からない事になります。

さらに、長期間に渡って発生している延滞情報はCRINによって交流されていますが、ほんの軽微な延滞情報までは交流されていない可能性があり、その結果消費者金融で延滞があったとしてもKSCのみに加盟している金融会社が発行しているクレジットカード審査に通る可能性があるのです。(事例有り)

もっとも、近年では消費者金融を傘下に収める大手銀行系グループが増えてきていますので、そういった場合には自社系列会社の情報によって消費者金融での延滞が判明する可能性もありますので注意が必要になります。

 

響子さん響子さん

個人信用情報機関間ではCRINによって情報の交流が行われていますが、軽微な延滞情報については交流されていないケースもあります。

響子さん響子さん

ただ、いくら交流されていないケースがあるからと言っても全てではありません。そのため消費者金融での延滞は審査に悪影響を及ぼす可能性があります。