個人信用情報機関の役割を知る事は重要です

個人信用情報機関

個人信用情報機関は知っておくべきです

クレジットカード審査に通るためには、カード会社が設定している審査基準を満たす=審査に通る必要がありますが、その際申込者の氏名や住所、電話番号から申込者の現在及び過去における金融商品の利用状況もくまなく調査される事になります。

個人信用情報機関

ただ、氏名や住所はともかく、金融商品の利用状況なんて申込書には他社借入状況以外は記入しませんよね?そんな時、カード会社では個人信用情報機関と呼ばれている、現在及び過去における金融商品利用者の各種利用状況が登録されている場所に各種情報の照会を行っています。

 

ここで、あなたは個人信用情報機関ってなに?と思われたかも知れませんね。確かに、初めてクレジットカードを作った当時の私も、個人信用情報機関ってなに?って思いましたから。

しかし、この個人信用情報機関は、クレジットカード審査を始めとした各種金融商品の審査では無くてはならないとても重要な役割を果たしていますので、今回の記事で解説します。

個人信用情報機関はこんなところです

個人信用情報機関とは、氏名や住所はもちろん、金融会社との契約情報や支払い情報、さらには利用残高や申込情報など、いわゆる信用情報と呼ばれている情報が登録されている機関になります。先程の現在及び過去における金融商品の各種利用情報が信用情報に当たります。

そして、この信用情報はクレジットカード会社独自で保有しているものを除けば個人信用情報機関にしか登録されていません。もっとも、クレジットカード会社独自の情報はそのカード会社自社でしか見る事が出来ません

つまり、この個人信用情報機関とは、クレジットカード審査で重要な申込者の信用情報を登録・保管している場所になり、審査では無くてはならない存在になるのです。

 

[char no=”3″ char=”響子さん”]個人信用情報機関とは、審査で重要な信用情報が登録されている場所になります。[/char]

登録されている主な信用情報はこちら

この個人信用情報機関には、あなたが過去にクレジットカードや各種ローンなどの各種金融商品申込書に記入した個人情報(属性)と、支払い状況などの記録(信用情報)が登録されています。そして、個人信用情報機関に登録される属性情報は、各機関によって若干呼び方が違いますが以下の通りです。

 

氏名
生年月日
住所
電話番号
勤務先
契約日
契約の種類
極度額 (限度額)
支払い回数
支払い状況
利用残高
申込履歴
事故情報

 

これらの記録は、各個人信用情報機関によって微妙に異なっているところはありますが、概ねクレジットカードの発行、利用、返済、完済、事故発生(延滞)など情報は、こちらで解説しているように最終取引日から5年間登録される事になります。(自己破産情報が掲載される官報情報は10年間登録されます)

 

信用情報の登録期間は下記の記事でご確認下さい

信用情報の登録情報と期間は把握しておいた方が良いですクレジットカード会社では、審査の際申込者の現在及び過去における金融商品の利用状況を確認するため、自社で加盟している個人信用情報機関の信用情報を照...

 

また、クレジットカードやキャッシングなどの各種金融商品申込情報は、6ヶ月~1年間登録されます。そして、各クレジットカード会社は、適正な与信判断のために最低一つは個人信用情報機関に加盟しており、審査の際に個人信用情報機関に登録されている信用情報を照会するのです。

与信枠を与える

これを分かりやすく言うと、この人にあとどれくらい与信枠(融資枠)を与える事が可能なのか?という判断をするために、個人信用情報機関を利用しているのです。何も情報が分からない人に与信枠を与えるほどカード会社も甘くは無いのですから。

 

あなたも、どこの誰とも分からない人に○○万円お貸しします!などとは言わないと思いますが、個人信用情報機関に登録されている信用情報はクレジットカード会社が申込者の与信を判断するための材料としてとても重要になっているのです。

そして、この信用情報を管理している個人信用情報機関は、クレジットカード審査では重要な機関と言えますね。

信用情報の登録は加盟金融会社のみ

この個人信用情報機関ですが、基本的に信用情報に登録されている内容の書き換えを行うことは出来ません。それは、あくまで個人信用情報機関は膨大な量の信用情報の管理を行っているのであって、信用情報の登録や削除は加盟金融会社のみが行う事が出来るためです。

もっとも、個人信用情報機関で自由に信用情報の書き換えが出来るのであれば、加盟金融会社は何のために信用情報に顧客情報を登録しているのか?が分からなくなるため、これは当たり前と言えますね。

ちなみに、基本的に信用情報の中身は加盟金融会社しか見る事が出来ませんが、私たち個人でも個人信用情報機関へ信用情報の開示請求を行う事によってその登録内容を確認する事が可能です。

 

信用情報開示請求の詳細は下記の記事でご確認下さい

 クレジットカード審査に通らない理由と対策
クレジットカード審査に通らない理由と対策
https://moneyinfo2005.com/sinyokikan/sinsatoranaikaiji
当サイトでは元審査担当社員から審査ノウハウを完全伝授された弟子がクレジットカード審査について詳細に解説しています。カード審査には一定の基準があり、その基準や審査に関する対策、注意事項などを知る事に...

 

個人信用情報機関の種類はこちら

一昔前の個人信用情報機関には、CICやCCB、さらに全国銀行個人信用情報センター(全銀協)や全国信用情報センター連合会(全情連)、テラネットと、日本には5つの個人信用情報機関がありました。

ただ、この中でCICと全銀協以外の3機関は経営統合して1つの機関=日本信用情報機構(JICC)になっており、現在日本に存在している個人信用情報機関は3機関となっています。

個人信用情報機関の詳細
CIC(シー・アイ・シー) 現在日本にあるほとんどのクレジット会社はこのCICに加盟しています。つまり、CICに登録されている信用情報にネガティブな情報(金融事故情報)が登録されていると、クレジットカード審査では不利になる可能性が高くなります。

ちなみに、CICは大手クレジット会社の共同出資で設立された個人信用情報機関で、信販系、家電やメーカー系クレジット会社、百貨店、クレジットカード会社、自動車メーカーなどが会員になっています。

 

本社所在地
〒160-8375
東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト15階

サイトURL
http://www.cic.co.jp/

日本信用情報機構(JICC) この日本信用情報機構(以下JICC)は以前あったCCBや全情連、テラネットなどの個人信用情報機関が経営統合されて出来た信用情報機関になります。

昔はCCBや全情連だけでもかなり膨大なデータを保有していましたので、データ保有量だけを見ればCICを上回っているかも知れませんね。ちなみに、このJICCには銀行系以外のほとんどの金融機関が加盟しています。

 

本社所在地
〒101-0042
東京都千代田区神田東松下町41番地1

サイトURL
http://www.jicc.co.jp/index.html

全国銀行個人信用情報センター(KSC) 全国銀行個人信用情報センターという名称からも分かるように、銀行、信用金庫、信用組合、農業協同組合などの金融機関や銀行系クレジットカード会社、住宅金融会社などが会員になっています。

 

本社所在地
〒100-8216
東京都千代田区丸の内1-3-1 銀行会館
TEL 03-3216-3761(代)

サイトURL
http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/index.html

 

[char no=”3″ char=”響子さん”]現在日本には上記3つの個人信用情報機関があり、各金融会社は1つまたは複数の個人信用情報機関に加盟しています。[/char]

 

信用情報の種類と登録期間の詳細について解説します

信用情報の登録期間

信用情報の登録情報と期間は把握しておいた方が良いです

クレジットカード会社では、審査の際申込者の現在及び過去における金融商品の利用状況を確認するため、自社で加盟している個人信用情報機関の信用情報を照会して、その内容と申込者の属性を元に審査可否の判断を行っています。

信用情報の登録期間

そのため、この個人信用情報機関は審査の際とても重要になっているのですが、この信用情報機関に登録されている信用情報にはどのような情報が登録されており、その登録期間はどのくらいなのか?については各信用情報機関によって多少の違いはありますがあらかじめ決まっています。

 

そして、信用情報の登録期間が決まっているため、この期間が経過すると信用情報から登録されていた各種情報(金融事故情報も含む)が削除される事になります。

ですので、私たちが審査に落ちた際には属性やこの信用情報に何かしらの問題がある可能性が高いため、あらかじめ信用情報の登録内容を知っておく事は今後の審査通過に向けて重要な要素になってくるのです。

信用情報の種類と登録期間の詳細はこちら

今後のクレジットカード審査通過に向けても、この個人信用情報機関に登録されている信用情報の中身と登録期間は重要になりますので、ここからは個人信用情報機関の信用情報に登録されている各種情報の種類と登録期間について解説します。

[char no=”1″ char=”響子さん”]各個人信用情報機関によって登録されている情報とその期間は微妙に異なっています。[/char]
クレジットカード審査で重要視される属性
CICに登録されている情報とその期間 ●申込情報
具体的にはクレジットカードや各種ローン審査へ申込を行った場合に、信用情報に登録される情報になり、その登録期間は照会日より6ヶ月間となっています

●クレジット情報
具体的には契約日や契約の種類、支払日や遅延、異動の有無などの情報になり、その登録期間は契約期間中および契約終了後5年以内

●利用記録
具体的には個人信用情報機関に加盟している金融会社が顧客の利用途上における支払い能力の調査のため信用情報を照会した情報になり、その登録期間は利用日より6ヶ月間

JICCに登録されている情報とその期間 ●本人を特定するための情報
具体的には氏名や生年月日、電話番号や勤務先情報、運転免許証番号などの情報になり、登録期間は契約内容に関する情報等が登録されている期間

●契約内容に関する情報
具体的には契約の種類や契約日、契約金額の情報になり、登録期間は契約継続中及び完済日から5年を超えない期間

●返済状況に関する情報
具体的には入金日や入金予定日、残高や延滞等の情報になり、登録期間は契約継続中及び完済日から5年を超えない期間

●取引事実に関する情報
具体的には債権回収や債務整理、強制解約や破産申立等の情報になり、登録期間は当該事実の発生日から5年を超えない期間

●申込みに関する情報
具体的には氏名や生年月日、電話番号や運転免許証番号などの情報になり、登録期間は申込日から6ヵ月を超えない期間

KSCに登録されている情報とその期間 ●本人情報
具体的には氏名や生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先等の情報になり、登録期間は情報のいずれかが登録されている期間

●取引情報
具体的には各種ローンやクレジットカードなどの借入金額や借入日、最終返済日などの契約内容やその返済状況(延滞、代位弁済、解約、完済など)の情報になり、登録期間は契約期間中および契約終了日から5年を超えない期間

●照会記録情報
具体的にはKSCの加盟会員がKSCを利用した日および各種ローンやクレジットカードなどの契約またはその申込などの情報になり、登録期間は当該利用日から1年を超えない期間

●官報情報
具体的には政府系機関が発行している官報に掲載された破産申し立て情報になり、登録期間は破産手続開始決定等を受けた日から10年を超えない期間

 

[char no=”3″ char=”響子さん”]呼び方は微妙に違いますが、3機関ともに同じような情報が登録されています。そして、クレジットカード審査で重要になる申込情報は6ヶ月間、金融事故情報は5年間登録されていますね。[/char]

これら3機関はCRINによって情報の交流を行っています

このCRINという言葉、あまり馴染みが無いかも知れませんが、CIC、JICC、KSCの各個人信用情報機関ではお互いの機関が保有している一部の信用情報の交流を行っているのです。

センターは、次の個人信用情報機関と提携して情報交流CRIN(Credit Information Network:クリン)を実施しており、センターおよび提携個人信用情報機関の会員は、各機関の延滞、代位弁済等の情報および本人申告情報の一部を相互に利用することができます。

※出典 全国銀行個人信用情報センター

 

これはKSCのHPからの引用ですが、延滞情報や債務整理情報が交流されていることが分かりますよね?延滞情報なので、毎月の金融商品の利用代金の支払いを延滞してしまうとその情報が個人信用情報機関の信用情報に登録されて、この信用情報がCRINによって各機関で共有されるという事になっています。

ただ、一言で延滞情報とは言っても、数日の延滞では信用情報に登録しない金融会社もあるため、実際にどのような情報がCRINで交流されているのか?については実際に信用情報の開示請求を行わないと分かりません。ですので、CRINの交流情報が気になる方は、信用情報の開示請求を行い、その中身を確認する事をお勧めします。

 

[char no=”3″ char=”響子さん”]CIC、JICC、KSCの3機関間では主に金融事故情報の交流を行っています。[/char]